2019年規則の主な変更点と解説 
                                                                                                             
 2019年1月1日より全面的にルールが改正されました。
新ルールはあくまで、プレーの迅速化、規則を分かりやすく、そしてプレーを誠実と言う観点から改定されました。       
主な変更点は下記の如くです。
1. プレーヤ―の行動
   ゴルフはプレーヤー自信が規則を適用し、必要であれば自らに罰を課すゲームです。
   従って、プレーヤーはゲームのすべての面で正直でなければならないことが明記されています。
   そして規則もプレーヤーが合理的に行った判断をできるだけ尊重することも追記されています。また、委員会は独自の
   「行動規範」を作成し、それに違反したプレーヤーに1打、2打、失格の罰を課すこともできます。
2. コースの名称
   コースは次の5つのエリアとなります。
    旧名称             新名称
    ティ―インググランド      ティ―イングエリア
    スル―ザグリーン        ジェネラルエリア  (バンカー・ペナルティエリアを含む)
    ウォーターハザード       ペナルティエリア
    パッティンググリーン      パッティンググリーン
3. クラブの損傷
   プレーヤーがクラブを損傷してしまった場合の選択肢は2つだけです。
   そのまま使うか、プレーを遅らせることなく修理するか、のいずれかとなります。
   どのようにしてクラブが壊れたのか、そしてその損傷がどのような状態なのかは関係ありません。
4. 距離計測器
   原則として距離計測機器の使用をすることが出来ます。一方、委員会はローカルルールで距離計測機器の使用を禁止することが
   出来ます。距離計測機器で計測できるのは2点間の距離だけであり、高低差その他のプレーに影響する状況を計測することは
   できません。なお、距離計測機器にいろいろな計測機能がついていたとしても、2点間の距離を計測する機能以外のものを
   使用しなければ違反とはなりません。
5. 速やかなプレーのペースの奨励
   プレーヤーは通常、自分の順番となってから40秒以内でストロークをおこなわなければなりません。また、ストロークプレー
   では、安全が確保できるのであれば、球の位置に関係なく、準備ができたプレーヤーからプレーすることが奨励されます。
   これらのことを各プレーヤーが心掛けることでゴルフを速やかにプレーすることができます。
6. 球を探す時間
   球を探す時間は旧ルールの5分から3分に短縮されます。
7. スタンスをとった後に後方に人を立たせる
   スタンスを取り始めた後に人を後方に立たせることが禁止されます。フェアウェイから球をプレーするときに、キャディを後方
   に立たせてスタンスをとった場合、その後キャディーが別の場所に移動したとしても一般の罰(マッチプレーはそのホールの負け、
   ストロークプレーは2打罰)を受けます。
8. マーカーへの告知
   規則に基づいて救済を受ける場合、マーカーに事前に知らせたり、立ち合わせる必要はありません。プレーヤーが規則に基づいて
   誠実に処置することが求められます。
9. 捜索中に球を動かす
   球を捜索中に自分の球を偶然に動かしてしまっても罰はなく、その球を元の位置にリプレースしなければなりません。
10.ストロークした球が偶然に何かに当たる
   ストロークした球が自分自身、自分のキャディー、用具に当たっても罰はありません。
   偶然に共用カートに当たっても罰はありません。
11.球を動かしたことの判断基準
   球が動いた場合、プレーヤーが原因なのか、風、傾斜、その他が原因なのか判断が難しい場合があります。
   新しい規則ではプレーヤーが球を動かす原因となっていたと判断する場合の基準を「分かっているか、事実上確実」としています。
   「分かっている」は100%、「事実上確実」95%以上の可能性を意味しています。
   つまりプレーヤーが動く原因となったかどうか疑わしい、95%以上の明確な証拠がない、ということであれば、プレーヤーが
   球を動かす原因となったものとは扱いません。
12.ストローク中に複数回球を打つ
   例えば、偶然に2度打ちをしても罰はありません。そのストロークを1回と数えるだけです。
13.地面にくい込んだ球
   球がジェネラルエリアにくい込んだ場合、罰無しに救済を受けることができます。例えば、球がラフの中の地面にくい込んだ場合も
   罰無しの救済を受けることができます。一方、委員会はこの救済をフェアウェイの区域にのみ限定するローカルルールを制定することも
   できます。
14.パッティンググリーンのプレーの線に触れる
   パットをした球が転がっていくと推定するプレーの線に触れたとしても、その状態を改善することがなければ罰はありません。
15.パッティンググリーン上の損傷個所
   パッティンググリーン上の損傷個所を修理することができます。例えば、プレーの線上のスパイクマークの修理することができます。
   ただし、自然の凸凹やホールの摩耗を修理することはできません。
16.パッティンググリーン上の球を動かす
   パッティンググリーン上にある自分の球を偶然に動かしても罰はなく、その球は元の位置にリプレースしなければなりません。
17.パッティンググリーン上にリプレースした球が動く
   パッティンググリーン上の球をマークして拾い上げて、元の位置にリプレースした球が偶然動いた場合、その原因が何であったとしても
   その球は罰なしに元の位置にリプレースしなければなりません。
   注・一度もマークしていない球が偶然動いた場合は、動いた位置からプレーする。
18.パッティンググリーン上の球をキャディーが拾い上げる
   パッティンググリーン上にある球をキャディ―がマークして拾い上げる場合、プレーヤーの承認は必要ありません。
19.ホールに旗竿を立てたままプレーすること
   ホールに旗竿を立てたままパットをして、その球が旗竿に当たっても罰はありません。つまりホールに旗竿を立てたままパットすることが
   できます。
20.バンカー内のルースインぺディメント
   球がバンカー内にある場合、そのバンカー内のルースインぺディメント(木の葉、枝、石などの自然物)に触れても罰はなく、取り除く
   ことができます。
21.バンカー内の球にたいするアンプレヤブルの新しい選択肢
   バンカー内の球に対するアンプレヤブルの処置に、現在の1罰打の処置の他に、2罰打で球とホールを結ぶ線上でそのバンカー外の後方に基点から
   1クラブレングス以内でホールに近づかない救済エリアに球をドロップする処置が追加されます。
22.ウォーターハザードに代わるペナルティエリア
   ウォーターハザードという概念はなくなり、新しいペナルティエリアとなります。 
   ペナルティエリアは水域でない区域にも設定できます。例えば、球を探すことが困難で、見つかったとしてもプレーする事ができないブッシュや
   崖などの区域をペナルティエリアとして設定することができます。
   イエローペナルティエリアは旧規則のウォーターハザードの処置をとることができ、レッドペナルティエリアはラテラル・ウォーターハザードの
   処置をとることができますが、対岸での救済は廃止されます。
23.球の取り替え
   規則に基づいて救済を受ける場合は球を別の球に取り替えることができます。 カート道路、修理地、水溜まり、地面にくい込んだ球などの罰なし
   の救済の場合であっても球を取り替えることができます。
24.救済を受ける場合に使用するクラブレングス
   規則に基づいてクラブレングスを計測する場合(例えば、救済のニアレストポイントから1クラブレングス)、プレーヤーが持っている最も長い
   クラブ(パターを除く)で計測しなければなりません。救済処置によって短いクラブで救済することはできません。
   注・誤って短いクラブで計測した場合はプレー前であれば、無罰で訂正することができる。
     誤って短いクラブで計測した地からプレーしてしまった場合は誤所からのプレーとなり2打罰となる。
25.ドロップの方法
   ドロップは膝の高さからドロップします。現在の片の高さより低い所からドロップすることで球が大きく転がることを防ぎ、プレーの遅延を防ぎます。
26.再ドロップの要件
   新しい規則では、それぞれの救済処置に救済エリアを設けています。例えば、カート道路からの救済場所、救済のニアレストポイントから1クラブ
   レングス以内でホールに近づかず、その障害が避けられる区域を救済エリアと言います。ドロップした球はこの救済エリアに落ち、そしてこの救済
   エリアに止まらなければなりません。ドロップした球がこの救済エリアの外に出た場合は再ドロップとなります。
27.リプレースする箇所が分からない場合
   規則に基づいて球をリプレースするときに、その場所が分からない場合、リプレースする箇所を推定してその球をリプレースすることになります。
   (旧規則ではドロップとなっています。)